ブラック企業を渡り歩く!リエの転職の履歴書【カットの途中で放置プレイ】

ブラック企業・転職

私はこれまでに数々の転職を繰り返してきました。

一体、何回なのか?

実は、もう数え切れません(笑)

私は高校を卒業し、美容師の学校へ進学しました。

国家資格を取得して、本来なら「食いっぱぐれ無い」はずだったんです!(泣)

その為、20代の頃は美容師をしていました。

しかし、最初に就職した美容室では癖のある女性オーナーに遭遇。

→ブラック企業を渡り歩く!リエの転職の履歴書【小さな美容室の色気ばばあ】

ここから私のある意味での「転職マスター」への道が切り開かれたのです。

転職マスターへの道が切り開かれた

まず初めに申しておきますが、今まで人生を生きてきて、自分自身が「社会不適合者」を感じたこともあり、他人のせいばかりにしてきたわけではありません。

そもそもの私の性格も、人見知りだったり、空気を読むことが下手だったりします。

以前はそう言った事で悩んだこともありますが、それを考慮しても「転職するだけの価値はあった」と今、現在になって感じています。

「気分で髪の毛を切り始めるなよ。お前、一応、美容師だろ?」

曲者のオーナーに、そう思った出来事があります。

どういう事か?と申しますと。

気分屋オーナーに放置プレイされる

その日はなぜか朝からオーナーの機嫌が良く「あなたの髪の毛伸びてるわね。私が切ってあげるわ。」と話しかけてきたのです。

「は?はぁ。。。」

これが私の第一声です。

ここで1つ説明しておきますと、美容師と言うのは、お互いで髪の毛を切りあったりするのが普通です。

ごくたまに、お店のフロアにお客さんが一人もいない時には「さくら」として、誰がセットチェアに座ることがあります。

そんな流れで、私は「さくら」として、カットされることになったという訳です。

しかし、ふっと「どんな髪型にされるんだろぅ。?モヒカン?刈り上げ?恐すぎる!」と思った私はオロオロしながら、後生丁寧に断る方向でした。

しかし、このオーナー。

あまりにも気分がノッてたんでしょうね。

半ば強引にセットチェアに「座らせられた」私はカットクロス(カットをする時に体にかけるあれ)をかけられ逃げられない状態に。

鏡越しに見えるオーナーはテンションが高かったように感じました。

(オーナーはかなりのナルシストで、私の髪型の話は一切せず、鏡で自分の顔のチェックをしていました!)

私の髪の毛は、とても多くて剛毛で固くてクセがあります。

個人的に他の美容室へカットをしにいくと、大抵の美容師さんは手こずる毛質。

それでもオーナーが、ベテランであることと、気分が良さそうな事を信じて見守る事にしました。

待ち時間が長すぎると思っていたら?

カットを初めて10分。

肩より長かった私の髪の毛は、不揃いなところが少しだけ切り揃えられていました。

日々のストレスからか私は疲れていて、ぼんやりとして、放心状態だった気がします。

気がつくとオーナーが私から離れていませんでした。

「トイレでも入っているのかな」と思い、様子を見ていると、10分が過ぎました。

・・・嫌な予感がしました。

私の髪の毛は、まだまだ仕上がりには遠く、明らかに左側の方がボリューミーでした。

この状態で長い時間放置されている、このプレイは恐怖でした。

(勘弁してくれ!)

30分が過ぎた頃に従業員のバックルーム から、 オーナーと佐藤さんと雄輔ちゃんの高らかな笑い声が聞こえました。

私以外の従業員で「ダベって」いるのでしょうね。

その声は、フロアに私しか居なかったために良く響いていたのが、今でも脳裏に焼き付いています。

泣きながら他の美容室へ足を運ぶ私。

オーナーが私から離れて、既に40分が経過していました。

待っていても進展の気配を感じられなかった私は、仕方なくカットクロスを自力ではずし、まだまだ不揃いの髪の毛をヘアゴムで縛りました。

それから、クソ真面目な私は営業時間が終わるまできちんと仕事をして退社。

その日は練習会などあったものの、キャンセル。

その足で他の美容室へ駆け込んだのです。

目にはうっすらと涙が浮かんでいました。

「どんな髪型にされるか不安」と、うかつに考えていましたが、まさかカットの途中で『→×忘れ去られる→○放置プレイを食らう』とは思ってもみませんでした。

ちょっと考えただけでも、フロアに私以外の誰一人居ないのに「忘れる」なんてあり得ません。

明らかに「わざと放置」したんだと思います(憎!)

否、あの性格から読み取るべきだったのかもしれない。

私ったら本当にお人好し過ぎると自分が嫌になった出来事でした。

【合わせて読みたい】
不貞な美容室を退職宣言!【リエの転職の履歴書】

スポンサーリンク

スポンサーリンク