母親から言われて嬉しかった言葉・心に残っている言葉は?

親・兄弟

母親から言われた言葉ってとても心に残りますよね。

たまにケンカをすることがあったとしても、一番に自分のことを考えてくれているからこそ出てくる言葉であったり、家訓やお家の教育方針など。

ハリ美
私はお母さんに「逆境こそ楽しみなさい。今は辛くても、何年か後には思い出に変わるから!」と言われた言葉が残ってます!

今回はみんなが「母親から言われて嬉しかった言葉・心に残っている言葉」を集めてみました!

母親から言われて嬉しかった・心に残った言葉

算数の九九を覚えている時でした。
本当に苦手なんで、なかなか覚えられなかった。
そんなときに「あなたはやれば出来る子だから頑張りなさい」と言われました。
(れい・42歳・女性)
テレビで初めてパイプオルガンの演奏を見ていた時に、「私もパイプオルガン弾いてみたい」といったときに言われたこと
「あなたがたくさん勉強して、優秀な人になりまたそれで有名になれば、「やってみたいといったことは、なんでも周りに人がやらせてくれるようなチャンスがたくさんやってくるわよ」と言われた。
(モカうさぎ・55際・女性)
誰にもなにも悩みが言えなかったとき、ひとりで涙を流していました。そんななかで言われたのが、『お父さんとお母さんはいつでもあなたの味方なんだから』という言葉です。
(ふるふる・34歳・女性)
母親に今の夫を初めて紹介した時、優しそうな人見つけて良かったね。「あの人ならあなたを傷付けることは絶対にないよ。結婚決まっておめでとう」と言われました。母はその半年後、結婚式目前に、私の花嫁姿を見ることなく亡くなりましたが、今の夫を見て安心して天国に行けたと思います。
(あい・36歳・女性
独身のときから、母と2人で人生について語っていると「女は謙遜する気持ちが大事だ」と何度も言われました。そして、最近中1になる私の娘の話を電話で話していると「〇〇(娘の名前)に謙遜すること教えなさい」と言われました。私に言ったことと同じなので謙遜という文字が心に残っています。
(こうさぎ・39歳・女性)
順調にいっている時ほど、「高い下駄を履いて歩いているようなものなので、足元に気を付けなければならない』と、教わりました。調子に乗っていると、思わぬことでこけることもある、それにそんな時に限っておべっかを言う人間は信用しない方がよいとの教訓でした。そんなこともあって、いろんな立場の人たちと平等に付き合えるように、普段から心掛けています。
(ソムチャイ・51歳・男性)
ハリ美
こういう教訓は若い時はあまり分からなくても、大人になると「あ、そういうことだったのか!」と気づくことがありますよね。
調子に乗るとロクなことないですからね(笑)
ハリ太
なんかあったのか?(笑)
「○○は人をよく見てる」
うちのお母さんは神経質なところがあり、わたしがそれを1番受け継いだのがよく気持ちがわかります。わたしが悩んでいるときはお母さんが1番気持ちをわかってくれるので、同じくお母さんが悩んでいるときはすぐ私も気持ちを察してアドバイスします。お母さんはこう考えてるでしょ、だからこうなるなど言うと、「当たってる、人をよく見てるね」って言ってくれました。
(まや・25歳・女性)
独身時代に実家でお菓子を作っていたら、キッチンが散らかり放題になってしまいました。それを見た母が「要領よくやらないとダメ」と言いました。要は片付けをしながら作ったりしなきゃダメだということです。調理器具もやたらめったら出していたし、焼くまでの時間とかもただボーッとしているだけでしたのでそれを見た母が言った言葉です。今は結婚して毎日料理もするようになりましたが、この言葉をいつも思い出します。母からは「あなたも成長したんだね~」と言って貰えるほど要領よく出来るようになりました。
(ゆきやこんこ・36歳・女性)
小学性の頃、友達にいじめられて泣いていた私を慰めながら言ってくれた言葉があります。それは「自分がされて嫌なことは、他人にしてはいけない」です。
(aplGo334・28歳・男性)
当時、両親に結婚を反対されそのまま押し切る形で籍を入れてしまい半絶縁状態になっていました。そこから、半年ぐらいにお母さんから電話がきて「どんな状態でも、家族なんだから連絡だけはとらないとと思って」と言われたことです。まだ家族だと思ってくれたことが嬉しくてとても心に残る一言でした。また、意地っ張りな母なので自分が折れることはなかなかないので、電話が来たときはとても驚きました。
(ななさん・33歳・女性)
20代前半の頃。兄嫁の流産や近所の方の逝去など、全ての不幸は自分のせいだと思い込み、命を絶ちたいと母に打ち明けました。その時に「人が亡くなるのは、その人の運命で寿命だから誰も悪くない」と言ってもらえたことです。
(アキノ・27歳・女性)
結婚式の当日、控え室で母と2人きりになった時に、「自慢の娘に育ってくれてありがとう。もっともっとしてあげられることがあったのに。」と言われた。素敵な母を持てて、幸せなのは私だなと思った。
(ゆづき・31歳・女性)
小学生の頃にお母さんに言われました。私が小学生になる前に両親が離婚していたので「お父さんがいなくて寂しい思いをさせてごめんね」と。そんな事ないよとは言えませんでしたが、一生懸命仕事を朝から晩まで頑張っている母親に言われて心に残っています。
(ねこぱんち・39歳・男性)
1人暮らしの母親にたけのこごはんを作って持っていった晩の10時過ぎ、母親から電話がかかって来ました。
時間が時間だけに、何かあったのかと不安に思いながら電話に出ました。
母親に、こう言われました。
「たけのこごはん、おいしかったよ。何もしてあげられなかったのに、こんなおいしいものをもらってありがとう。」
私は、料理をしない人だと思われています。母親から料理を教わったこともありません。
その私が、おいしいたけのこごはんを作ったのは驚きだったのでしょう。
(ひろこ・61歳・女性)
出産後、泣き止まない赤ちゃんに私の育児が悪いんだと自信をなくしていた時に、母が赤ちゃんを抱っこしながら赤ちゃんに向けて「あんたは幸せ者だね、こんなにママが心配してくれて」と言ってくれました。
一生忘れられない言葉です。
(りり・44歳・女性)
小学生でエレクトーンの発表会に出る時に緊張しすぎて行きたくなくなってしまって泣いていた時に「うまく弾こうと思わなければ緊張しないから」と言われたことがとても心に残ってます。
(マミー・41歳・女性)
当時自分のことにいつも無関心だった母親が「最近部活頑張っているね」って言われたこと
成人して就職したときの少ない初任給で母親に色んな物を買ってあげたりして、「頑張った甲斐があった」って言われたこと
(しょうた・25歳・男性)
子供が小学校を卒業するときに母親から言われた言葉。「12年間、頑張ったね。おめでとう」が嬉しくて心に残ってます。生後2ヶ月で離婚して子供を一人で育ててきたので孫である子どもではなく、娘である私におめでとうと言ってくれたことが忘れられません。
(あお・45歳・女性)
「自分がまず周りに優しく思いやりを持てれば自然と自分の周りにもそういった人間が集まるから、人には優しく思いやりを忘れずに接することが大事だからね。」と言われた事が心に残っています。
(りん・42歳・女性)
もう10年以上前の事になりますが…
当時お付き合いをしていた、私の中では、唯一、この人と生涯を共にしたい、結婚したい、、と思っていた方と、お別れする事になり。何にも自暴自棄、無気力に過ごす日々が続いていました。それでも、仕事だけは…と、ない力を振り絞り、どうにか勤務していたある夜。母が、携帯…ではなく、職場の外線に電話して来たのですが、そこで電話口に出た私にただ一言。

「あ、生きてるならいいわ」

その瞬間、公共の場であるにも関わらず号泣。
枯れた心身に生命が戻った瞬間でした。
(ゆきぴょんたん・41歳・女性)

【スポンサーリンク】
大して親孝行もできず、迷惑ばかりかけたまま結婚して嫁に行ったのが心残りでした。
ですが、息子を産んだ時、母から「こんな可愛い孫を産んでくれてありがとう」と言われて涙しました。お婆ちゃんにしてあげれて良かったです。
(みか・27歳・女性)
小さなころ、運動会で母親はすぐに私のことを見つけられると豪語していました。その理由を聞くと、「わが子はキラキラ輝いて見えるの!」とにっこり笑っていいました。
いつか子供ができたら、わが子にもその言葉を伝えたいと思います。
(hitomiku・28歳・女性)
思春期で色々と難しい中学生の頃です。
機嫌が悪かった私に母が「女の子は多少ブスでも笑ってさえいれば可愛く見える。ブスっとした顔しないで笑いなさい」と言われました。
母に面と向かってブスと言われた気がして気が抜けてしまって思わず笑いました。
10年以上経っても心に残っていて、それからはよく笑うようにしています。
(もも・28歳・女性)
ハリ美
確かにブスッとしている美人よりも、いつも笑っている人の方が可愛いしみんなから愛されますよね!わたしも笑顔を心がけます!
小学2年生のピアノコンクール時に全国大会出場をした後、会場で「やっぱりゆきはすごいねー」と何回も言われたことを覚えています。
(ゆき・25歳・女性)
義理のお母さんに、結婚について承諾を得ようとしていたが、義理のお父さんから、許可が降りなかった時に「家族皆んなで応援してるから、大丈夫だよ」と言われた。
(もさお・30歳・男性)
私がお母さんに言われて心に残った言葉は「人のせいにしない」です。母が末期のガンで、亡くなる前最後に怒られたことなので心に残っています。
(ななこ・31歳・女性)
子供の頃ですが「よく気がきくからお母さん助かるわ」と言われたことが心に残っています。
その言葉がきっかけのひとつで今はサービス業界で働いています
(サバンナ・34歳・男性)
20歳で社会人になり実家からバスと電車で1時間半かけて通勤していた頃、実家が最寄りバス停から10分、最寄り駅からバスで40分かかるため残業が無くても夜8時以降に帰宅することになり、毎日母がバス停まで迎えに来てくれ「心配で家で待っていられなかった」と言われたこと。
(のり・48歳・女性)
中学時代、部活が終わったら毎日塾に通い、授業がない日も自習していました。
母親は、塾長から「こんなに頑張る生徒は今までで初めてだ」と言われたそうです。
母親が妻のご両親との顔合わせの時にこのエピソードを話し、「この子は私が何も言わなくても頑張れる子です」と言ってくれました。
非常に心に残りました。
(よねすけ・26歳・男性)
私の娘が1歳になった時、大きな病気が見つかったことがありました。それぞれの両親へ報告と相談に行くと母が「自分を責めてはいけないよ」と言ってくれました。ちょうど、もっと早く病気に気づいていれば、私が健康な身体に生んであげられていれば、と自己嫌悪に陥っていたので、母の言葉に救われました。
(づきんちゃん・31歳・女性)
結婚が決まった後で、実家に先ずは一人で報せに行ったときに、母親から言われた。 「お嫁さんと3人でお父さんのお墓参りに行こうね」涙が出てきた。
(油ノ井四郎・60歳・男性)
4歳と2歳の息子たちが、グズっていた時に「お母さんが怒ってるからじゃない?」と言ってくれた。
冷静になり、子どもたちに接するとすぐに子どもたちの機嫌がなおった。
(ちぃこ・31歳・女性)
私がまだヤンチャをしていた10代の頃に、夜な夜な友達の車で出かける私に母が、
「車は走る個室なんだから!気を付けなさい!」って言ってて笑いました。
(マリオ・42歳・女性)
18歳の時、高校卒業後の進路に迷っていた時に母から『あんたの好きなようにしなさい。お父さんもお母さんもあんたの決めた事は応援するから』と言われました。
ありきたりな言葉かもしれませんが、私にとっては今でも心に残っている言葉です。
(りょうこ・37歳・女性)
母が入院している時に毎日仕事終わりに見舞いに行っている時「貴女を産んで本当によかった。感謝してるよ」と言われ、自分の体のことよりも私にそのような言葉をかけてくれる母に、母の偉大さを感じ、より一層感謝の気持ちを持つようになりました。
(ひろみ・35歳・女性)
亡くなったお婆ちゃんの一周忌の時に、キッチンで母と二人きりになり

「お母さんも苦労をしてきたし、それなりに頑張ってきたけど、お婆ちゃんを越える事は出来なかったし、これからも出来ないと思う。この1年で、凄くそれを感じた。お婆ちゃんは、本当に家族の為に生きてきてくれた。お婆ちゃんには感謝しかない。」

お婆ちゃんが生きていた時は、あまり仲良くなかった母の口から感謝が聞かれるなんて思わなくて、凄く驚いたのと同時に、嬉しさもありました。
(ヒトぶぶ・37歳・女性)

結婚前に夫と同棲していました。
同じ職場にいて、結婚すると部署を分けられたり、給与が低い中で結婚式の費用もまだまだ足りないためすぐには入籍考えていなかったものの、それぞれが一人暮らしをしていたので今後にむけて貯金をするために同棲期間を設けることにしました。
親にもすぐ報告しましたが、父が昔ながらの人で同棲というだけでこちらの気持ちや考えを全く聞いてくれませんでした。
何度も帰省し説得を試みるものの昔から自分の考えが正しいと思うと人の意見を受け入れない父なので、その話題自体をはぐらかされるようになり辟易していました。
そんな時、父からお前も反対しろと言われていた母が普段はあまり父の意見に逆らわないのに「あんたが真剣に考えいるのは分かっているから、私は応援するよ」と言って背中を押してくれて、父の説得も一緒にしてくれました。今までそんなこと無かったので、すごく嬉しかったです。
(マカロニサラダ・28歳・女性)

まとめ

読んでいると目頭が熱くなってきますね。

ハリ美
お母さんに会いたくなってきました!さっそく連絡してみます!

いろいろな年代の方にお答えいただきましたが、いつの時代も母親の存在というのはとっても大きいですね。

母親からの教えであったり、自分のことを思って言ってくれた言葉であったり、ひとつひとつに愛情が感じられますね。

「私も母親から〇〇」と言われて嬉しかった・心に残った言葉がある!という方は是非コメントお待ちしています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク