LINEの返信は遅いけど続く男性の心理は?脈あり・脈なしなの?

「気になる男性とLINEのやりとりは続いているけど返信が遅い。これって脈あり?脈なし?」と悩んだ経験はありませんか?

実はこれ、男性よりも女性の方が陥りやすい悩みなのです。

女性は人との心の距離をコミュニケーションの間によって図る生き物です。

たとえば、気になる男性からのLINEに対して早く返信をして「脈あり」のアピールをしますし、逆に、気が無い男性に対しては遅く返信をして「脈なし」のアピールします。

心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

このような傾向から、女性は「きっと相手も同じように思っているに違いない」と無意識に思い込んでしまい、『返信が遅い=脈なし』と捉えて不安になってしまうのです。

結論から言いますと、病気でもないのに相手からの返信が2日以上空いてしまっている場合は、脈なしである可能性が高いです。

しかし、2日以内であれば「脈あり」の可能性も十分にあります。

今回はそんな「返信は遅いけど脈あり」なパターンを3つご紹介していきます。

目次

1.LINEは単なる連絡手段であると思っている男性

有名な話ではありますが、返信が遅い男性の多くはLINEやDMのやりとりを「必要事項の連絡手段」としてしか見ていません。

デートの日付や時間を決めるやりとりはするけれど、日常のちょっとした雑談はしないというタイプです。

彼がこのタイプの場合、予定や約束事のやりとりをしている間はサクサクと返信が来ますが、雑談になると急に返信が遅くなります。

女性側からすると「変なこと言ったかな?」「私と会話したくないのかな?」と不安になるかもしれませんが、彼は単純にLINEを雑談するためのツールだと思っていないだけですので安心してくださいね。

また、この手のタイプは文面でのコミュニケーションに対して苦手意識を持っている場合も多いです。

会話をしているときは違和感がないのに、LINEやDMになるとそっけない…なんて人は単純に苦手意識が強いだけなので、会った時にたくさんお話しできれば大丈夫ですよ!

2.そもそもスマホに依存していない男性

現代にはLINE以外にもTwitterやInstagramなどの様々なSNSツールが存在しますし、YouTubeやNetflixといった動画サイトも充実しています。

スマホを肌身離さず持っていないと落ち着かないなんて人も多いのではないでしょうか?

特に、今時女子にとってSNSはもはや無くてはならない存在ですよね。

ですが、男性にとってSNSはそこまで魅力的なものではなく、むしろゲームや読書(漫画含む)など、1人の時間を楽しみたいと思っている人が意外と多いのです。

「趣味をしている間はスマホに一切触れない」なんて人もいます。

そうなると、悪気はなくとも画面に表示されたメッセージ通知にすら気づきようがありません。

彼がこのタイプでないかチェックするために、まずはスマホに触る頻度を確認してみてください。

あまり触らない。もしくは、カバンから出すことすらしない。というタイプなのであれば、単純に普段からスマホ自体を確認していないだけでしょう。

ゆっくりでもLINEのやりとりが続いているのであれば、脈ありの可能性が高いです。

むしろ、スマホに依存してない男性は浮気する可能性も低いので、パートナーとしてオススメです。

3.とにかく忙しい(疲れている)男性

仕事や学業が忙しくて肉体的・精神的に疲れている男性は、そもそも人のために割く時間がなかったり、そこまで余裕がない場合が多いです。

女性は感情や状況を共有したい生き物ですので、疲れているからこそ好きな人に会いたい。

気になる人と連絡がとりたい。と思う傾向にありますが、基本的に男性は弱みを表にだすことが苦手なので、連絡をとるという行動自体から離れてしまうこともあります。

気になる男性のスケジュールを聞いてみて、忙しそうであれば連絡をとる余裕が無いと考えて良いでしょう。

また、そのとき愚痴を溢すようであれば、彼にとってあなたは弱みを見せられる特別な存在という意味にもなりますので、脈ありの可能性が高いです。

【スポンサーリンク】

どうすれば良いのか?

今まであげた3つの内どれにも当てはまらなかった場合、あなたへの返信を遅くすることで「脈がない」ことを察してもらおうとしている可能性が高いでしょう。

無理に引き延ばしても「面倒だな」と思われるだけですので、諦めて新たな恋を探す方が、あなたにとっても良い未来が訪れるはずです。

逆に、3つのうちどれかに当てはまっている場合、まずは返信が遅い理由について軽く触れてみてください。

そこで明確な返答があった場合は、その意見をできるだけ尊重してみましょう。

明確な返答が得られなかった場合、雑談の頻度を少なくしながら「はい」か「いいえ」で答えられる連絡をメインに行ってみてくださいね。

【スポンサーリンク】

絶対にやってはいけないこと

返信が遅いことに対して不安や苛立ちを感じたとき、ついやってしまうけれど高確率で嫌われる行動があります。

それは…

  1. どうして返信をしないのか何度も問い詰める
  2. SNSをチェックして「SNSに投稿できる時間はあるのに、なぜ返信はしないのか」と指摘する
  3. 無理に情報共有アプリなどをDLさせる

これらの行動は、男性側に「監視されている」「信じてくれていない」と感じさせてしまう不快な行動です。

人間は自分の居心地の悪い場所から逃げようとする生き物なので、追い詰めれば追い詰めるほど「不快な場所=あなた」から離れていってしまうのです。

はやり心理学的に見ても、恋愛が上手くいくポイントは「お互いが心地よいと思える連絡頻度や距離間」が重要となります。

無理に合わせようとすることで、かえってあなた自身が苦しむことになるかもしれません。

様子をみながら、他の選択肢を考えていくことも大切かもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

17 + eight =

目次
閉じる