既婚女性50人に聞いた!「結婚前に彼に年収を聞きましたか?」のアンケート結果は?

仕事・お金

付き合っている相手との結婚を考えた時に、やっぱり気になるのが相手の収入ではないでしょうか。

ハリ美
私の先輩は「愛は冷めてもお金はなくならない」と常々おっしゃっていました(笑)

でも聞くタイミングはなかなか難しいですよね。とはいえ、経済事情は避けて通れない現実的な問題。

収入に関わらず相手のことが好きだからそのまま結婚するのか、きちんと収入を聞いてから結婚するのか、みなさんどうされているのでしょうか。

今回は結婚前に年収を聞いたかどうかの声を集めてみました。

既婚女性50人に聞いた!「結婚前に彼に年収を聞きましたか?」のアンケート結果は?

今回は既婚女性50人に「結婚前に彼に年収を聞きまし方?」というアンケートを行いました。

その結果がこちら!


(mincoto調べ)

本当に僅差ですが、「年収を聞いた」という方の方が多い結果となりました。

ただもはや半々ですね。

ハリ美
私はてっきり「はい」の方が圧倒的に多いのかと思っていました!

それでは、彼に年収を聞きたくてウズウズしている方のために(笑)

聞いた方のシチュエーションや方法、そして聞かなかった人は後悔などしていないか聞いてみました!

結婚前に年収を聞いた組

結婚しようかというタイミングでお互いの月収や預貯金、借り入れなどを確認しました。
あとからこんなはずじゃなかったなどという話になるのは嫌なのでキチンとお互いの事を知っていたほうがいいという意見が一致したので。
結婚後の生活設計などを立てるためにも良かったと思います。価値観や金銭感覚が同じというのは結婚生活を上手く続けるためには大事だと思います。
(ここあ/49歳/運送業)
ハリ美
結婚は生活ですから、月収や預貯金、借入額などは知っておかないと困りますね。とくに借入金があると人生のプランが根底から覆ることにもなりかねません。
価値観と金銭感覚、この両方が合っていないと長い生活の中では喧嘩の原因となってしまうことも多いです。子どもが生まれたらなおさら。
そこをきっちりと結婚前に聞けたここあさんは、きちんとした人だと思います。
わたしたちは、付き合っている当時から自分の収入のことを話していたので、月何十万円もらっていて、ボーナスは何十万円というのを聞いていました。なので、特別な聞き方などはありませんでした。でも、出費の面では聞きました。結婚する前に、出費は月どのくらいあるの?という感じで聞きました。やはり聞いておかないと、今後の生活に響いてくるとおもいました。
(無名/22歳/専業主婦)
付き合っている時期に夫が怪我で3カ月ほど休職したことがありました。その休職したときの年収と休職しなかった前年・翌年の年収の差がすごいから見てと夫の方から話題にしてきたので、「じゃあ見せてよ」と頼んで源泉徴収票を見せてもらって年収を確認しました。向こうから話題にしてきたので、すんなりと聞くことができました。
(はる/33歳/製造業)
賃貸の家賃を決めるタイミングで年収を聞きました。なにもきっかけがない状況では聞きにくいですし男性も言いにくいと思います。良いきっかけがあると言わざるを得ない状況で男性も口を開きます。このぐらいの家賃はどうか尋ねるのもいいです。そうするとだいたいの年収を教えてくださいます。自然の流れで聞くと男性も嫌な気持ちになったり、言いたくないという気持ちにはならないようです。
(risa/37歳/家事手伝い)
ハリ美
付き合っている段階から普通に聞けるような間柄なのは、理想ですね。
結婚話が出てから聞くと、思っていたより少ないということもあるでしょう。しかし、普段から話して知っていると、お互いにこれくらいの年収だから結婚式や結婚生活、子どもが生まれたらこんな感じになるな、などの想像も自然とつきますね。
年収に限らず、こういうデリケートなこともきちんと話し合える間柄というのは素敵ですね。
結婚の了承を得るために私の家にあいさつに来る前に旦那に「年収とか聞かれるのかな?」と聞くと「~万円だよ」と答えてくれました。以前に月収を答えてくれていたので想定内の金額でした。そのあと私の両親にも自ら年収を話していました。包み隠さず話してくれたからか、安心する金額だったからか両親からは好印象だったようです。
(りお/30歳/専業主婦)
付き合っていた当初は、なかなか聞くことは出来ませんでした。しかし、徐々にお互いに結婚を考え始めていたため、結婚してからの生活の話をしつつ、結婚する前にお互いの収入を確認しておく必要があると思い、お互いの収入の話をしました。結婚と結び合わせながら、話すことが出来たので、比較的自然な流れで聞くことが出来ました。
(snoooooopy/25歳/専業主婦)
プロポーズをされ、ゼクシィのブライダルフェアを見に行った帰りにどんな式にしたいかを話していた時。式場の規模や呼ぶ人数をどうするか悩んでおり、自分が考えている式の希望を伝え、大体の予算を提示しました。その流れで、夫にもどれくらいまでなら式にかけていいと思っているかと聞き、同時に今の年収やおおよその貯金額も聞けました。
(kokumu/34歳/専業主婦)
ハリ太
改まって「年収と貯金はいくら?」ではなく、ブライダルフェアのあと、結婚する前提で式をどうするかの延長としてさりげなく聞いたところが賢いと思うな。この流れだと、旦那さん予定の人も拒否するとおかしくなるもんな。
夫が結婚を機に仕事をやめてほしいと言ってきたので、そのタイミングで本当に共働きじゃなくても大丈夫かを知るために年収を聞きました。
年始でちょうど源泉徴収が近くにあったので、夫は源泉徴収を見せてくれたのでそれで年収が無事に確認できました。
しかし、実際は車のローンや確定拠出年金など給料から天引きされるものが多かったので、給与明細を見せてもらうべきでした。
(みさきち/40歳/専業主婦)
まだきちんと結婚するという話が上がる前に、結婚したら子供どうする?早く子供欲しいね!
などのカップルに良くある未来の話をしている時に、自然の流れで「私の年収はこれくらいだけど、あなたはどのくらいなの?専業主婦していい?それとも兼業の方がいい?笑笑」と割とストレートに自分から聞きました。
それまでもお互いに今月のお給料はいくらだったよ〜などの話をしていたので難しく考えることもありませんでした。
(ちゃちゃ/25歳/パティシエ)

▽普段からお互いの収入についてざっくばらんに話し合えるなんて理想のカップル。だからこそいざ結婚となっても、年収や子供の話題を自然に詰めて話し合えたのでしょうね。オープンな関係、とてもうらやましいご夫婦です!

年収を聞かなかった組

結婚前に年収は聞いていません。年収はもちろんですが月収も知らなかったですが、特にその時は気にもならず、今現在も特に聞いとけばいいよかったなとも思いません。結婚した当初は自分も働いていて収入もありました。結婚してから家計を任されて初めて旦那の月収を知りました。もし知っていていつらであろうとも結婚はしているし今現在の収入で満足しています。働いてくれてそれだけでありがたく思っています。
(ピーコ/40歳/パート事務)
ハリ太
結婚することだけを考えていると、当の本人は年収などを確かめようなどと思わず、聞かないまま結婚して、「思ったより少なかった!」「こんなに金使いが荒かったなんて!」とショックを受けるという話話はよく聞く。
それはだいたい思っていた年収より少ない場合だけど、ピーコさんの場合は働いてくれるだけで満足ということなので、きっと旦那さんは不満のないお給料をもらっているのかな?うらやましい!
それほど年収は高くないだろうなとは思いましたが、話題にも出ませんでしたし、当時は私のほうが年収が多かったこともあり、聞きづらくて聞かなかったです。
ふたを開けてみたら貯金はないし年収は低いし借金があったので、聞いておけば結婚には至らなかった可能性もあるなと感じていますし、もちろん未だに後悔しています。
(ぽこ/43/製造業事務員)
こちらからは聞かなかったのですが、向こうから勝手にしゃべり始めました。
収入、預金額など結構ウザいくらい長々と話されたのを覚えています。
おそらく、お金持ってるよアピールだったのかと思いますが、その時の仕事は辞めてしまい、現在は超薄給です。
あまり、男の人がお金に細かいのはいい気分はしませんが、結婚前に貯金が把握できたのは良かったです。
(karugoro/46歳/製造業)
旦那の収入は結婚前に聞いていません。今でもだいたいしか知りません。付き合っていた頃は、職場や仕事内容はよく聞いていたので、だいたいこれくらいかなという予想はありました。ほぼ予想と同じくらいかなと思います。旦那はわりと固い仕事をしていて、私もフルタイムで働いているのでお金には困らないかなと思ってタイミングもなく聞かずにきてしまいました。今のところそれで困ったことはありません。
(はのい/31歳/医療事務)
聞いておけば良かったなと後悔しています。
年収で結婚を決めるわけではないですが、結婚後、あまりにも主人に貯金額がないことを知り、結婚前にもし聞いていれば、今後のお金に関することや、貯金はこうしていこうと話し合いをすることができたかなと思ったからです。
決して月収が少なかったわけではないので、早めに聞いて、話し合っておけば良かったです。
(きなこもち/33歳/パート)
ハリ太
確かに結婚は年収が全てではないけれど、知らないまま実際に結婚して、相手のお金に対する価値観や貯蓄額を知って愕然とすることあるかもしれない!結婚は生活なので、お互いの貯蓄の仕方や考え方を話し合うのは大切!
最初の結婚相手には結婚後の住居を新居を探すか親と同居するかのにはじまり、当然、生活費はどうするかという話題になったときに私の収入はを言った後に「あなたは?」と聞いたら「女は男の収入を査定するもんじゃない!!」と、ひどく怒られました。15か月後に離婚しました。それ以降、男性に収入を聞いたことはありません。
今の再婚相手にも聞きませんでしたが、婚姻届けを出す前に夫婦になるなら大切なことだからと教えてくれました。
(まりか/48歳/専業主婦)
年収に関しては聞きづらかったので聞きませんでした。同い年だった為、そこまで高い年収では無いだろうと思っていましたが、勤務先が一部上場企業だったのである程度収入は安定しているのではないかと思っていました。結婚後に年収の詳細がわかりましたが、想定していた感じであったので、結婚前に年収を聞かなかったことで後悔しているということはありません。
(ribbon/42歳/製造業)
結婚より前には、年収で結婚を決められているのかと思われそうで聞けませんでした。とても真面目に仕事をしている人だということは、お付き合い中に分かっていたためにさほど心配しませんでした。ですが私が考える以上に転職を考える場面が多い様子で、小学生の子供がいる身としてはいまの年収以下になってしまうのが恐いです。結婚前に年収を思い切って聞くと同時に、同じ会社で長く働いてもらえるかどうかの意見をしっかり聞いておくことも大切だと今は思っています。
(めーはー/36歳/専業主婦)

まとめ

結婚前に相手の年収を聞いたパターン、聞かなかったパターンがありますが、職場が同じだったりして聞かなくても把握できている場合を除いては、お金についての話し合いは大事なのかなと感じました。

どれだけ相手のことが好きでも、恋愛から実際の生活になる結婚となると、金銭感覚も含めて収入や貯蓄額はとても大切な問題!

聞くタイミングは難しいけれど、結婚してからこんなはずじゃなかった!といったことが無いように、何かをきっかけにうまく話し合えるといいですね。

【合わせて読みたい】
結婚の決め手は?既婚女性50人に決断した理由を聞いてみました!
「30歳までに結婚!」を叶えられない彼氏とは別れるべき?

スポンサーリンク

スポンサーリンク