“束縛彼氏”の束縛・嫉妬ひどすぎ・怖過ぎエピソード5選!【体験談】

彼氏・彼女

「彼氏の束縛がひどい」、「嫉妬がすごい」というのは友達との会話でも出てきたりしますよね。

ただ、度を越した束縛をする「束縛彼氏」もいるんです。

そんな束縛彼氏と付き合ってしまうとだんだんエスカレートしていくこともしばしば。

今回はそんな「束縛彼氏」と付き合っていた!という5人の女性に束縛や嫉妬が怖過ぎなエピソードをご紹介します!

残業は許さない!1分ごとに連絡してくる束縛彼氏


付き合って1年になる彼氏がいます。
接したり一緒に出かける分には、優しいですし楽しい時間を過ごすことができるので、問題は無いのですが、私と一緒にいない間の彼氏が怖いです。

ある日、私は仕事で少々残業してしまい、退社時間を30分程遅くなってしまい、その旨は彼氏には伝えてありました。
しかし、退社時間5分過ぎたあたりから、1分単位に彼氏からの着信があり、伝言メッセージが毎回残されていました。
その内容が、前半は「まだ?残業ってどのくらい?誰かと一緒に?」という心配してくれてるんだなと思う程度でしたが、徐々にメッセージ内容が「1分も心配させないでよ!何してるの?」「俺もう心配過ぎるから会社下まで迎えに行くよ!」「なんか男性社員ばっかり出てくるけど、何してるの?」と明らかに私への心配する温かい優しさ言葉かけとはかけ離れた嫉妬や束縛心が芽生えてきており、その後、事情を話し一緒に帰宅しましたが、終いには「心配するから残業なんかするな。ダメなら俺が退社時間に行くから、一緒にやるぞ。ダメならお前の上司と合わせろよ。」と言われました。
(りり/25歳)

ハリ美
退社時間にきて一緒に残業するってことですよね。。いやいや。合わされた上司も困っちゃいますよね。。

最初は割り切った関係だったはずが・・

その彼氏とは、職場で出会いました。
当時お互いに彼氏、彼女がおり、割り切った関係でスタートしました。
彼氏は毎日連絡して、毎日会いたいタイプで、私はたまに連絡して、毎日会わなくても大丈夫なタイプです。
最初の頃は彼氏に合わせ、毎日メールや電話をし、少しでも時間があれば会う、という生活をしていました。

でも、職場でも会って、連絡もマメにして…という生活がだんだんと窮屈になり始め、こちらから連絡することが少しずつ減っていくようになりました。
だんだんと減り始めた連絡に不審に思ったのか、返事が少しでも遅いと、もう別れたいのか?と何度も聞くようになってきました。
元々割り切った関係でスタートしたはずなのに、このままでは本命の彼氏に危害を及ぼすのではないか?…と心配になり、連絡を取りつつ、同じ職場でもあった為、転職しようと内緒で就職活動を始めました。

そして無事に転職先も決まり、別れを告げると、別れるなら死ぬから。と、自殺未遂しようとしたり、携帯チェックはもちろん、仕事以外の私の行動をチェックするようになりました。
(あいみ/33歳)

恐怖しかない!私と関わるすべての男性を抹消したがる男


以前付き合っていた本当にひどい束縛彼氏の話です。
まず私と関わる全ての男性を抹消したがっていた。携帯電話に入っている連絡先は家族以外全て消去するように頼まれた。
拒否すると、「俺のことはどうでもいいのか」「連絡先を消すことができないのはこっそり連絡をして浮気をしようと考えているからだろう」「もし連絡した形跡があれば携帯電話ごと叩き壊す」と脅され、泣く泣く男性の連絡先を消しました。

浮気していないかチェックをするため毎日勝手に携帯電話の隅々まで見られました。
また、服装も厳しく指定されました。
例えば、ノースリーブなと素肌が見える服は着てはいけないなど。
そういった服が着たいと訴えると、「俺以外の男を誘惑するつもりだろう」と、先述の連絡先の件と同様に浮気の可能性を疑われました。
さすがに窮屈だったので友人に相談をしたところ、相談したことが本人に伝わってしまい、ひどく罵られました。
このままでは命の危険もあるのではないかと怖くなり、音信不通を決め通して、別れることができた。付き合う前に見破ることができればよかった。
(まるこ/28歳)

嫉妬が激しすぎる暴力男

当時私は高校生で彼氏は働いていました。
初めはとても優しかったけど付き合っていくうちにだんだん束縛がきつくなっていって、携帯は常に見られる、電話帳にある男の子の電話番号に順にかけていき『俺の女だから二度と関わるな、連絡も取るな、わかったか?』と脅しのような電話をしたりしてました。
学校でも彼氏の後輩がいて男と話してないか監視しろと言って監視させたりしていたので、私は学校で男の子と話すことすら出来ませんでした。

飲食店でバイトをしていましたが、必ずバイト終わりは迎えに来て、仕事がない日はバイト先まで着いてきていました。
そこでもしょっちゅう食べに来たりして監視していました。
バイトがない日は、五時までに家に帰って絶対外に出るなと言われて、少しでも連絡が遅れると実家に電話して『○○(私の名前)いますか?』と親に確認までしていました。
私生活は常に報告しないといけませんでした。
あるとき一緒に出掛けていて私は短めのスカートを履いていて座って話してると急に彼氏が立ち上がりり、すぐ近くにいた男の子を殴りました。
私はビックリして何してるの!?と止めるとあいつがスカート覗こうとしてた!と怒り狂ってました。
何とかその場は収まり、今度は私が自分の友達の家にいて、そこに彼氏が迎えに来る約束をしていたので、待っているとその友達の彼氏が来て挨拶程度に少しだけ話していたら、急に外から『お前ら降りてこい!!』と怒鳴り声が聞こえて外に出ると急に殴られて、友達の彼氏も殴られて、お前ら○す!と家にある包丁を取ろうとするので必死に止めました。
本当に挨拶程度に少しだけ話していただけだと何度も何度も説明してやっとその場は何とか収まりました。
(mamu/36歳)

ハリ美
え、え、え、えーー!怖過ぎますから!!今だったらすぐ警察呼ばれてましたよね。暴力振るう人とは関わらないのが一番!

逃れられない連絡彼氏


昔のバイト先の後輩で、バイトで一緒だった子の結婚式で再会した人がいました。
その人が二次会の後私の家にきてトイレに行きたいと中に入り、一度出たのに鍵を忘れたとまた入り込んできました。
その時点で気がつけばよかったのに、少し優しくされたがために付き合うことになってしまいました。

連日電話やメールで連絡しなきゃいけないのに疲れていました。
時間がある時はSkypeで話をしたりもしていましたが、それも時間が長くなってしまい、自分の時間や友人と会う時間も削らなければならない状況でした。
パソコンを開けばSkypeで連絡が来るので仕事もままならない状況でした。
持ち帰りの仕事が忙しくて連絡したくない、会いたくないと思っていて、電話に出ないでいると、家の電気ついてるけど、電話に出ないからどうしたの?心配したよと電話が来たことがありました。
それが本当に怖くて嫌で別れようと決意しました。
そのあとは忙しいからと言い続けて連絡をしないようにして時間を開けてから別れたいことをしっかりと伝え連絡先を全てブロックしました。
(あこ/35歳)

まとめ

いやいや本当に怖過ぎますね。

しかも、5人の彼氏共通していえることは、「最初は優しかった」とか「普段は優しい」というところ。

きっとひどい時があっても、コロッと優しくなったりするので許してしまうのかもしれないですね。

でもこういうちょっとあぶない束縛彼氏は一緒にいてもリスキーなだけ!

「ちょっと変かも・・」と思ったら早めに判断するのが最良かもしれません。

【合わせて読みたい】
もういい加減にして!彼氏に対して「やめてほしい」と思っていること5選!
メンヘラ男から逃げる方法!トラブルを回避するうまい断り方は?