計画無痛分娩のはずが急遽自然分娩に!でも決まった日に入院できるメリットも!

妊娠・出産

妊娠が分かると「どこの病院で出産しようかな?」と入院する病院を決めますよね。

そこでもう一つ決めることが、「自然分娩」で産むのか「無痛分娩」にするのかということ。

なかには帝王切開になるママもいますが、今回は計画無痛分娩を選んだけど自然分娩に変更になった!というママの体験談をご紹介します。

計画無痛分娩のはずが急遽自然分娩に!でも決まった日に入院できるメリットも!

わたしは妊娠がわかり、出産が恐怖だった私は「無痛分娩」と書いてある病院を選びました。

しかし、実際、無痛分娩といっても「計画無痛分娩」というもので、麻酔ができる医師がいる日を狙って日程を決めていきます。

日本では、無痛といってもこの計画無痛が主流とは知らなかった私は、もし早くに陣痛が来てしまったら?陣痛誘発剤は大丈夫なのか?など疑問があり、すぐには決められませんでした。

一方、妊娠中はつわりが酷く痩せてしまい、その後、切迫早産となり自宅で安静となってしまいました。

最終的には、恐怖どうこうというより、体力がもたないと判断して計画無痛を決めました。

さっそく入院日が決められ、その日がやってきました。

まず、子宮口を広げる処置をし、陣痛促進剤を打ち、麻酔の注射、翌日には出産できるシナリオです。

風船を入れて子宮口を広げるのですが、痛み止めを打ってもとても痛いものでした。あまりの痛さに涙が出ました。

やがて子宮口が開いたので、陣痛促進剤を打ちました。促進剤を追加するごとに、きちんとした陣痛がついたのでそろそろ麻酔!というとき、赤ちゃんの心拍が記録されているNSTに異常が記録されました。

このまま無痛の麻酔をかけると赤ちゃんへのダメージが大きいと説明があり、急に自然分娩の流れになってしまいました。

そのあとの記憶があまりないですが、分娩台に上がるまで、ただただ中から押し出されるパワーに耐えるのが辛かったです。

私の場合、計画無痛分娩が途中で失敗に終わってしまい、あまりメリットが述べられませんが、里帰り先の母は介護で忙しく、父も働いていたため、日中はほぼ1人でした。

決まった日に入院できるということは急に陣痛が来た時の不安が減っただけでなく、家族への負担も減らせたと思います。

デメリットとしては、必ずしも無痛が成功するとは限らないことです。

むしろ、失敗する要素は多くストレスに思います。そもそも麻酔を打てる先生の予定とずれてしまってはダメですし、無事入院日を迎えても私のように途中でできなくなる可能性もあります。

また、人工的な処置の痛みや赤ちゃんへの影響があります。

もし2人目を産むことがあるとしたら、私は計画無痛はしないと思います。

陣痛が来てからいつでも麻酔の注射ができる体制を整えている「無痛分娩」ができる病院は一部の病院に限られており、競争率も高いようですが、少しでも無痛が成功する可能性の高い方を選びたいです。
(うさぎ/32歳/専業主婦)

まとめ

計画無痛分娩をしている病院は限られてきますし、地域によってはまだ数が少ないですよね。

そして計画通りにいかないのも出産の醍醐味。

計画無痛分娩で「誕生日を決めちゃうなんて」というママもいますが、計画通りにいかないこともあるのであまり考えなくてもいいのかもしれませんね。

無痛分娩を希望のママは、まずその病院でどのくらい無痛分娩の経験があるのかなどしっかり調べてから選びましょう!

【合わせて読みたい】
骨盤ベルト一番人気は?先輩ママ50人のリアルな口コミを集めました!
産後ダイエットに成功した30人に成功談を聞いてみた!痩せる秘訣は○○!