ペットを亡くした人にかける言葉や励ましの言葉は?【お悔やみの言葉・メッセージ】

ペット

家族同然のペットが亡くなってしまった時というのは本当にツラく、悲しいものです。

そんな時、声をかけるほうも何て声をかけていいのか迷ってしまうものですよね。

今回は友人や知人でペットを亡くしてしまった方がいて、「何て声をかけたり連絡をしたらいいのか分からない」という方へ

実際に「飼っていたペットが亡くなってしまった経験がある」という方に「ペットが亡くなった時に言われて励まされた・嬉しかった言葉はありますか?」というアンケートをさせて頂きました。

【関連】
・ペットロスの友人にかける言葉は?励ましの言葉を集めました!

ペットが亡くなった時に言われて励まされた・嬉しかった言葉は?

約1年前に、17年ほど飼っていた猫が亡くなってしまったとき、一緒に成長してきたのでとても辛くずっと泣いていたわたしに、父が「大往生だね。すごいことなんだよ。ありがとうって言おう?」という言葉をかけてくれて気持ちが少し楽になり、励まされたことを覚えています。
(みるきー・22歳・女性)
20年近く飼っていた猫を老衰で亡くし、ペットロスというか、今思えば鬱に近い状態だった私に、動物好きで、犬や猫以外にハムスターやフェレットやインコなど色々な動物を飼っている職場の先輩が、「自分を酷い人間だと思ってくれて構わないけど」と前置きした上で、「すぐに新しい子をお迎えして。ペットを失った心の穴は同じペットでしか埋められないから」と言ってくれた言葉です。当時はこの先輩には血も涙もないと思ったのですが、縁あってまた猫を飼い始めたらその言葉の意味がよく分かりました。
(えりぃ・44歳・女性)
デグーを高校生の時から約7年間飼っていました。就職で実家を離れデグーを連れて行くことが出来なかったため実家の両親に預かってもらい長期休みには会いに帰っていました。母親からデグーか亡くなったと連絡が来た時に、報告と一緒に「貴方に飼われて、可愛がってもらって寿命を全うすることができてきっと幸せだったと思うんよ」と連絡を貰いとても励まされ泣いてしまいました。
(もこ・24歳・女性)
中学生の時に、12年間飼っていた、コリー犬が修学旅行中に亡くなった時の話です。

そのコリー犬は、捨て犬でたまたま迷子犬を預かりそのまま家で飼うことになりました。してあげれないことも多く後悔の念ばかりでしたが、「一度は捨てられてしまったけれだ最後は人に看取られて幸せだったと思う。あなたが居ない間に亡くなったのはあなたを悲しませたくなかった、生きている状態を覚えていてほしかったのよ。最後のお別れをしていないからこそまた必ず会えるよ」と言われました。

悲しくて今も思い出すと悲しいですが、本当に会えました!一年に数回、夢に出てきてくれます。必ずです。私のその時までずっと支えてくれているのかなぁと思っています。
(ラッキー・30歳・女性)

ハリ美
夢の中に会いに来てくれるなんて嬉しいですね。一度は捨て犬になってしまったけど、ラッキーさんに会えてきっと幸せだったでしょうね。
私は動物が好きなので物心ついた時からペットと共にありましたが、初めて飼ったわんちゃんがなくなった時に、「犬猫は良い子だから、すぐに生まれ変わることができるんだよ」と言われた時にどこかで生まれ変わって幸せに暮らしてるのかなと少し元気が出ました。
(ありりん・32歳・女性)
小学生の頃ハムスターを買っていましたがかなり早い段階で亡くしてしまいました。その際に木の下に埋めた時父が「地球に帰ったんやな、おかえり」と言ったのが印象に残っています。死んだからおしまい、では無いと気づいた言葉です。
(ぽるん・28歳・女性)
実家で飼っていた犬をなくしたとき、仕事が忙しい時期でもあったのですが、休暇をもらって実家に帰りました。

高校生の頃に飼い始めて、15歳で亡くしました。職場に戻ったときに同僚に休暇の理由を聞かれ、事実を伝えたら「それは当然だよね、家族なんだから、大変だったね」と慰めてもらったことです。忙しい時に休んだことを責められなかったうえに、励ましてもらえて嬉しかったです。
(kk・28歳・女性)

先日、長年飼っていた猫が、道端で死んでしまったのですが、友人からは、「マサキ(ペットの名前)が身代わりになってくれたんだよ。」って言って励ましてくれたのです。
(のんた・44歳・男性)
真っ白ふさふさの毛がかわいい秋田犬とスピッツの雑種犬で名前はシロ、10年以上飼っていました。
亡くなった年の春、庭の椿の花が咲き出すと今まで赤色だったのに何本か白色の花に変わっていました。椿の木の根元はシロのお気に入りの場所でいつも寝そべっていました。
お隣さんも椿の花の色の変化にすぐに気が付いたようで「シロちゃん、幸せに暮らしてたから亡くなった後もここにいるよって言ってるんだね。」と微笑んでくれました。その後白色の花が増えてきて赤色より割合が多くなってきています。
(うめさん・41歳・女性)
猫。19才。自宅でガンの為なくなりました。出勤前になくなったので、とりあえず遺体を箱の中に入れて、仕事に行ったのですが、9月のまだ暑い時期だった為早く火葬してあげたくて、会社に早退願を出した時、会社の同僚から「猫で19才なんかすごい長いきやん。こんなに長生きって事は、それだけ大事にされとったって事やろ。きっと○○さんと過ごした19年間は、猫ちゃんにとっても楽しくて幸せやったと思うよ。早く帰って、最後まで傍にいてあげ」
(yumeno・44歳・女性)
ハリ美
とても優しい同僚の方ですね!
子供の頃の話ですが、母親の言葉でした。「またきっと生まれ変わって、あなたの元へかえって来ますよ。今は一休みしただけよ。よいおやつを探す時間をくれたの。」
(油ノ井四郎・45歳・男性)
火葬しに行った施設で言われたのですが、「あなたの大事な家族はお空の上から見ていて時々悲しい顔をします。あなたが悲しい顔をしているから不安にかんじているのです。あなたが笑っていればお空の上から笑いかけてくれますよ。いつかお空で会う時を楽しみにしてくれています。」と言われました。大切な家族との別れでしたがその言葉で切り替えなければ、と思わされました。
(てんにー・27歳・女性)
中学生の頃、飼っていた猫が亡くなりました。14年近く生きたので、私が生まれた時に生まれた猫だったようです。亡くなった時母が私に「猫が14年も生きるなんて長生きな方だよ。きっと中学生になるのを見るまで死ねないと頑張ってくれたんだよ。」と言ってくれ、嬉しかったです。
(pekopeko・53歳・男性)
ワンちゃんを飼っていました。去年の5月に亡くなりました。8歳でした。火葬が終わっても1週間ほど泣き続けましたが、仕事先の同僚に「そんなに泣いてたら愛犬も天国行かれへんで、あんたが元気に送り出してあげなあかんのちゃうの」と一言言われました。今でも思い出しますが、今では笑顔で元気にしてるかなーと考えることができます。
(るー・22歳・女性)
犬を飼っていました。雑種でしたがとても可愛い犬でした。13年生きました。亡くなった日と翌日は仕事を休みました。休み明け、会社に行くと同僚から「悲しいけど、最期まで側で見送ることができて良かったね」と言われました。最後の最後まで側にいることができたので、自分のできることはしたのだな、と改めて思うことができてうれしかったです。
(まみ・37歳・女性)
メスのダックスフントでしたが、2年前に亡くなりました。平均寿命を越えて、老衰のようでした。その経緯も友人に話したところ、「あなたに飼われて幸せだったと思う」と言われたことが一番嬉しかったです。それを聞いて、飼っていた頃の楽しい思い出が甦ったりと、その友人の存在は今でも励みになっています。また縁があればペットを飼ってみたいと思っています。
(みく・32歳・女性)
ペット霊苑のスタッフさんに、「亡くなった猫ちゃんが、毛皮を着替えてまた会いに来てくれますよ。」という言葉をかけてもらったことで、また会うことができるという期待感を持つことができました。
(マリナ・36歳・女性)
セキセイインコを飼っていました。15年間一緒にいたので大切な家族でした。インコが亡くなって、ずっと泣いていた私に妹が言ってくれた言葉は、「いつもお姉ちゃんと一緒だったから今も肩にのって同じ物をみてるんじゃない。」と言われて更に泣いてしまいました。亡くなっても一緒にいるんだ。と思い寂しさが少し癒されました。
(のりっぺ・43歳・女性)
雑種の犬の男の子で、私が中学3年生の時から、16歳と10ヶ月まで長生きしてくれました。老衰で亡くなったのですが、ご飯を食べれなくなって、病院に連れて行き、点滴したり無理に流動食のような高栄養のものを食べさせたりしてしまいました。
いやがることをしてしまい後悔していました。亡くなってからしばらくして、母と愛犬の話をしていた時です。そっとしておいてあげればよかったかな。と私が言うと、母は「あの子はわかってくれてるよ、大丈夫。」と言ってくれました。犬とも気持ちは通じるものです。長く一緒にいたので、なおさらです。悲しいだけの気持ちだったのですが、その言葉で、一緒に過ごした楽しいことが思い出せるようになりました。
(hamayusa・37歳・女性)
最後は苦しそうだったけれど、やっと今苦しみから解放されたんだよ。
「あなたがいつまでもそんなんじゃ、ペットも天国へ行かないよ。お見送りしてあげなさい。」
(はる・31歳・女性)
犬を17年飼っていました。我が家では初めて飼った犬で、動物病院の先生には、とてもお世話になりました。犬が亡くなって火葬を済ませた後、動物病院に寄り先生に報告しました。その時に「十分長生きできて幸せな人生だったよ。今はもちろん悲しいけれど、17年一緒に生活できたこと忘れないで前を向こうね」と。犬が亡くなり本当に悲しかったのに、先生に言われ、長生きしてくれたことに感謝し、前を向こうという気持ちになりました。
(きなこ餅・33歳・女性)
ハリ美
お世話になった先生に「前を向こうね」と言われると、改めていい思い出と共に前を向こう!と思えますね。
子猫を里親として飼っていました。生まれて3か月くらいから3年ほど経ったでしょうか、肝臓疾患を患い一週間ほど苦しんで亡くなりました。
初めてのペットの死に際に立ち会いました。子ども達もペットの死に立ち会いました。悲しかったです。言葉も無かったです。
ペットレスと言う言葉は知っていましたが、正にその言葉がぴったり当てはまりました。
そこで里親の送り主に送られら言葉が「あなた方が飼っていてくれなければ捨て猫は9割は死んで行くのです。この子も3年数か月、幸せに暮らせたのですから」との言葉でした。
この子も里親に出すまでは公園の捨て猫の保護猫だったそうです。少しですが心が救われた気になりました。その言葉でまた里親になる気持ちにもなりました。
(バビ・58歳・男性)
8年以上飼っていたうさぎが、病気で亡くなってしまいました。きちんと見送ってあげたいと思い、近所のペット霊園で火葬してもらったのですが、青空をぼんやりと眺めていた私に、家族が、「○○ちゃん(うさぎの名前)、空へ還っていったね」と言ってくれました。命あるもの、いつかお別れの時が来ます。空の上から見守ってくれていると信じて、共に暮らしてくれたことへの感謝の気持ちを忘れずにいようと思いました。
(matuura・22歳・女性)
当時付き合っていた彼女から、「マリ(犬の名前)も、あなたに飼われて幸せだったと思うよ。」落ち込んでいたのが、この言葉で救われた気がしました。
(ユーイチ・40歳・男性)
わんちゃん、パグ12歳まで生きていました。最善の努力を、動物病院にて尽くしましたが、ダメでした。2ヶ月間泣き続けました。男友達に、「あなたのわんちゃんは、亡くなってしまったけど、天使になって、ずっとあなたの周りで守ってくれているし、空の高い所から見ているんだよ。」と言われた時に、ホッと涙が止まりました。そのお友達は、幼い頃に猫を飼っていたので、動物を飼っていた気持ちや亡くした気持ちがよく分かるそうです。
(Bluelotus・32歳・女性)
中学生の時に7歳から買っていた猫のこゆずが亡くなりました。おばあちゃんに「今まであなたが1番こゆずを可愛がってたの知ってるよ。こゆずは幸せだったよ。」と言ってくれて救われました。
(mana・27歳・女性)
愛犬を亡くした時に親に言われたこと。「あんたに可愛がってもらえて×××は幸せだったと思うよ。いつも楽しそうにしていたし、あんたが呼ぶと尻尾振って駆け込んでいくのを見る度に最高の相棒だなと感じていたよ。」と言われた時は最後まで愛してあげられて良かったなと思いました。
(なっぱ・29歳・女性)
励まされるのは、わたし的には嬉しくなかったですが、ある一言に救われたのが、「家族の一人を失って悲しいけど、いろんな思い出くれたね!一生の宝だね!忘れないでいようね!」って言われたのは嬉しかったです
(みき・32歳・女性)
「23年間も家族と一緒にいられて優しく可愛がってもらえたなら、きっと猫ちゃんは幸せな日々だったよ、ありがとう。と言っていると思うよ。」
(mimi・33歳・女性)
「あなたのペットとして一生をおくれたんだから、幸せだったと思うよ。今は寂しいけど、天国から、きっとあなたのことを見ていて、感謝していると思う。」
(まる・38歳・女性)
【スポンサーリンク】
同じ猫を飼う同僚からの言葉です。
「大事に育てていて、一緒に過ごせていた時間が短くてもペットも気持ちは伝わっているはずだし嬉しかったと思うよ。」
(アオイ1211・40歳・男性)
私が飼っていた犬が亡くなった時に、友人から「お空から、あなたのことずっと見守っているよ。あなたに飼われて幸せだっただろうね。」と言われて嬉しかったです。
(みけこ・29歳・女性)
長年飼っていたペットを亡くし、途方に暮れていた時、「貴方にずっと飼ってもらって、きっと天国で喜んでいますよ」とペットの主治医に言われました。心に残る言葉で励まされました。
(かよしょう・44歳・女性)
手の平サイズの子猫から育てた猫が、3年前に14歳で亡くなりました。よく家にも遊びに来ていて、猫のこともよく知っている友人が猫の死を知ったとき、「辛いよね」「幸せな一生だったと思うよ」ということを言ってくれました。シンプルな共感と励ましが嬉しかったです。
(km・38歳・女性)
励まされたことは「ワンちゃん長生きしたんだから、もう満足って言ってるよっ」て言われたことです。
嬉しかったことは、悲しいけど頑張ろうってことです。
(ゆうすこ・26歳・女性)
小学生の時にかっていたトイプードルのココアがいたのですが、飼い始めた時から若干年寄りだったので、衰弱して眠る様に天国に旅立ちました。
ちゃんとしたお世話の様なものはお母さんがしてくれてましたが大好きだったので小学生で子供ながらにもお世話を積極的にしていたつもりだったし、気持ちの入れ方は妹がいますが妹よりも全然違ったと思います(笑)
朝起きて目覚めてリビングにおりた時にお母さんがココアに寄り添っていて起きてきた私にわかるように説明してくれました。
信じられないし眠ってる様にしかみえないし、段々私のお世話の仕方が足りなかったのかなとか嫌いになったから死んじゃったのかなとかずっと泣いていたら、お母さんが『○○が頑張って愛情もってお世話してくれてた事ココアは知ってるよ。ありがとうって優しい顔して眠ったんだよ、だから大丈夫』って優しく抱き締めながらいってくれた時は嬉しかったし今でも記憶に残っています
(WGP947F・20歳・女性)
ハリ太
「ありがとうって優しい顔して眠ったんだよ」と言われると、ホッとするな。
1歳に満たない猫でした。突然死でした。
「きっと、あなたの家族に保護されて短い間だったけど家族になれて幸せだったに違いない。
あなたたちがそれを忘れなければ永遠に生きている。」
(トムルナ・57歳・男性)
腎臓と心臓を壊し、17歳目前で亡くなった愛犬チャピー。家族の言う事も良く理解し、子供達とも兄弟のようでした。もうみんな大泣きでした。そんな時お友達が『チャピーちゃんは幸せだったと思うよ。あんなに精一杯看病して貰って、こんなにみんなが悲しんでるんだから』と言ってくれました。また『いつかまた何処かで、きっと会えるよ』と言ってくれたのが、とても嬉しく、励まされました。
(美沙・56歳・女性)
「死んでしまったのは悲しいことに違いないけど、彼は天国に行っても決して君のことを忘れたりしない。この世で生きる楽しさを満喫させたのは君なんだから。永遠に気持ちが繋がっているはずだよ。」
(ごんすけ・57歳・男性)

まとめ

みんなが共通しているのは、ペットが亡くなってしまった時、ただのペットが亡くなってしまったというのではなく、「大切な家族」を失ってしまったという感覚でいるということですね。

ペットを飼ったことがない人にとっては、理解するのが難しいという人もいるのかもしれません。

なぐさめるというよりは、「きっとあなたと一緒にいれて幸せだったよ」ということだったり、前向きな言葉に癒されたという人が多い印象ですね。

私も犬を飼っていますが、想像するだけでも涙があふれてしまいます。

もしあなたの友人や知人にペットを亡くしてしまった人がいる時は、「大切な家族」を失って悲しんでいるということを理解してあげてください。

また、ペットを亡くしてしばらくしてもなかなか立ち直れないていないというお友達や知り合いの方がいる方は『ペットロスの友人にかける言葉は?励ましの言葉を集めました!』もご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

・合わせて読みたい→ペットロスの友人にかける言葉は?励ましの言葉を集めました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク